朝引き信長どり専門店尾張のとりやです。
食糧が十分ではなかった終戦後、祖母がはじめた卵売りが「尾張のとりや」の発端です。
その後、養鶏・食肉販売へと事業を拡大させ、事業の分割・再編に伴い弊社は、食肉、特に銘柄どりの輸送業務を行ってまいりました。

「鶏は足が早い」と昔から言われます。
牛や豚よりも格段に体が小さいので、早い時間で熟成し、熟成が早い分劣化するのも早いのです。
肉質の劣化が始まるのは、絞めてから24時間後。
通常の流通では新鮮な鶏肉を手に入れることはできません。

代々育ててきた美味しい鶏肉を美味しいうちにお届けしたい。

本当に美味しい鶏肉を知っているからこその社長の想い。
鶏肉の味は、何よりも新鮮さで決まるのです。

そして、2016年より私どもは「尾張のとりや」として朝締めの鶏肉をお届けしております。
冷凍技術が進歩した今だからこそお届けできる、本当の鶏の美味しさを、ぜひご体感ください。
新着情報